事業承継・戦略的M&AならフィンテックM&Aソリューションへ

10:00〜17:00 土日祝を除く

サービス内容

下矢印

① 譲渡希望企業

個別相談、ニーズヒアリング
M&Aの目的、プライオリティなどお伺いし、資料をいただき分析し、今後の進め方など提案をします。
仲介契約の締結
仲介業務内容、手数料、契約期間等を定めた契約の締結します。
資料提供
決算書、パンフレット、謄本等の資料をいただき、必要に応じて貴社資料を作成します。
企業評価
いただいた資料をもとに企業評価(株価算定)を行います。その株価が売却額の目安となりますので、目的や期間に応じて相談をしていきます。
業界調査、候補先の絞り込み
M&Aの目的やご希望から対象先をピックアップします。業界動向や自分たちの強み、弱みを認識して幅広く候補先を選定します。
企業概要書(ノンネーム)作成
業種、企業規模、損益状況、譲渡理由、特徴の企業概要を社名を入れず作成します。
企業概要書(詳細)作成
対象先と守秘義務契約が締結され、譲渡希望企業の承諾を得られたら詳細な企業概要書を作成します。
トップ面談・訪問・資料授受
対象先から前向きな回答が得られた場合には、トップ面談や訪問を行います。お互いに会社、人を実際に会って確認していただきます。
条件交渉
譲渡価格、譲渡条件(従業員の雇用維持等)などを決めていきます。
お互いに目的を理解し、プライオリティをつけることが重要です。
基本合意書の締結
条件が固まりましたら、譲渡価格、契約予定日、監査内容、期間、条件等を記載した基本合意書を締結します。
監査(デューデリジェンス)
基本合意書が締結できたらデューデリジェンスと言われる買い手側の監査が行われます。会計・法務を中心に行われ、通常1週間から1か月程度です。
契約締結
基本合意、デューデリジェンスの結果を踏まえて、譲渡価格、決済日、条件を定めた株式譲渡契約を締結します。
資金決済、諸手続き
株式譲渡契約に基づき、資金決済、会社登記変更等の手続きを行います。従業員へも目的や選定理由などを伝え、安心して勤務できるようにします。
情報開示、PMI
必要となる情報開示、銀行・主要取引先への報告等行います。また今後の会社運営に関する事業計画策定なども進め、経営をスムーズに進めます。

② 買い手企業

企業概要書(ノンネーム)の検討
業種、企業規模、損益状況、譲渡理由、特徴の企業概要を社名を入れず作成した資料でご検討いただきます。
守秘義務契約・仲介契約の締結
企業概要書(ノンネーム)で興味を持ち、M&Aを進めたい場合には守秘義務契約と仲介契約を締結いただきます。
企業概要書(詳細)検討
詳細な企業概要書でM&Aを検討していただきます。
質疑応答
検討いただいた資料の内容等について質疑応答を行い、不明点の解消を行います。
トップ面談・訪問・資料授受
検討の結果、前向きな回答が得られた場合には、トップ面談や訪問を行います。お互いに会社、人を実際に会って確認していただきます。
条件交渉
譲渡価格、譲渡条件(従業員の雇用維持等)などを決めていきます。
お互いに目的を理解し、プライオリティをつけることが重要です。
基本合意書の締結
条件が固まりましたら、譲渡価格、契約予定日、監査内容、期間、条件等を記載した基本合意書を締結します。
監査(デューデリジェンス)
基本合意書が締結できたらデューデリジェンスと言われる買い手側の監査が行われます。会計・法務を中心に行われ、通常1週間から1か月程度です。
契約締結
基本合意、デューデリジェンスの結果を踏まえて、譲渡価格、決済日、条件を定めた株式譲渡契約を締結します。
資金決済、諸手続き
株式譲渡契約に基づき、資金決済、会社登記変更等の手続きを行います。従業員へも目的や選定理由などを伝え、安心して勤務できるようにします。
情報開示、PMI
必要となる情報開示、銀行・主要取引先への報告等行います。また今後の会社運営に関する事業計画策定なども進め、経営をスムーズに進めます。

MBO支援サービス

MBO(Management Buy Out)とは子会社(事業部門)の経営陣が事業の継続を前提として、親会社・オーナーから株式・経営権を買い取り自ら企業のオーナーとなる独立手法のことを言います。
基本的に現経営陣及び従業員の雇用継続を前提とした親会社・オーナーからの友好的な事業買収であるため、日本の企業風土になじむ独立手法です。
我々は、MBOのスキーム提案、MBOファイナンス提案、契約書等作成、MBO後の経営支援等のサービスを提供しています。

PMI支援サービス

Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略で、M&A成立後の統合プロセスのこと。M&Aの果実を確実に早期に得るためには、M&A当事者である両社の戦略・販売体制・管理体制・従業員意識・情報システム等を有機的に機能させなければならない。M&Aの検討段階において計画したシナジー効果を実現する上でも期限を区切った目標の設定とその実現に向けての進捗管理を行うことが必要。
我々は投資会社として多くの実績があり、様々なPMI支援サービスを行っています。
・ 経営者、管理者紹介サービス
・ 経営サポートサービス
・ 経営管理サービス
・ 経営コンサルティングサービス
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

持ち株会社化支援サービス

M&Aの1つの手法でもあるのが、「持ち株会社設立によるM&A」です。
M&Aの買い手企業を、自分たちあるいは我々が設立します。従って、M&Aの目的に合わせた資本構成、現経営陣・従業員への株式譲渡、今後の事業拡大、IPOとしても利用可能です。
例) 株式譲渡したいが、会社を手放したくない
例) 経営陣も含めて複数のメンバーで会社を所有したい
例) 会社をM&Aで増やしたいが、独立した形で増やしたい
「持ち株会社設立によるM&A」については、目的に合わせたスキームが必要になりますので、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

海外M&Aサービス

経験豊富なメンバーが、海外進出支援、海外企業M&A、海外拠点設立・売却等のサポートをします。
実績では、海外企業から権利を買い取り事業をすることも行っています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

経営支援サービス

再生型M&Aの相談を受けた場合、M&A提案ではなく経営支援を提案することもあります。
事業がしっかりしていれば、M&A以外の方法で企業再生のお手伝いをすることもできます。

ぜひ、フィンテックM&Aソリューションに相談してください

お気軽にご相談ください。

10:00〜17:00 土日祝を除く