事業承継・戦略的M&AならフィンテックM&Aソリューションへ

10:00〜17:00 土日祝を除く

フィンテックM&Aソリューション 3つの強み

下矢印

(1) 成約手数料は4%以下(消費税等を除く)(企業価値基準レーマン方式)
~大手M&A会社は、ほぼ横並びの水準で5億円以下は5%。

大手M&A会社
料率
5億円以下 5.0%
5億円超 10億円以下 4.0%
10億円超 50億円以下 3.0%
50億円超 100億円以下 2.0%
100億円超 1.0%

(移動総資産・譲渡価格レーマン方式等)

(当社調べ)

フィンテック
M&Aソリューション
料率
5億円以下 4.0%
5億円超 10億円以下 3.0%
10億円超 50億円以下 2.0%
50億円超 100億円以下 1.0%
100億円超 0.5%

(企業価値基準レーマン方式)

(2) 最低手数料は5百万円(消費税等を除く)
~大手M&A会社では5億円以下は最低手数料が適用されることが多く、50百万円の場合は手数料率40〜50%程度にもなる。

大手M&A会社
最低
手数料
20百万円程度
(消費税等を除く)
フィンテック
M&Aソリューション
最低
手数料
5百万円
(消費税等を除く)

無料相談

無料相談

まずはどのようなことでもご相談ください。守秘義務厳守でお答えしていきます。初めてM&Aを経験する方がほとんどですので、知らなくて当然です。

無料企業査定

無料企業査定

専門家が企業の価値を算定します。算定方法も時価純資産+営業権法、EV/EBITDA倍率法、DCF法などがあり、企業に適した査定を行います。
まず自分の会社を知ることが重要です。

無料提案

無料提案

M&Aといっても株式譲渡だけではありません。事業譲渡、MBO、業務提携、資本提携、IPO等様々なソリューションがあります。
大手M&A会社は株式譲渡を提案しますが、我々は企業に適したソリューションを提案します。

多彩なソリューション、安心のメンバー、AIソリューションに強み
(1) 公認会計士、税理士、弁護士、不動産鑑定士等、
各種スペシャリストを揃えています。
(2) AIサポート、ITサポートのメンバーも充実

公認会計士のアイコン

公認会計士

企業の価値を判断するのは企業会計。的確なアドバイスができます。

税理士のアイコン

税理士

企業にとり税金は重要。株式譲渡の際にも税金を考える必要あり。

弁護士のアイコン

弁護士

株式譲渡契約書が主要ドキュメントです。企業は会社法上問題ないかも確認要。

不動産鑑定士のアイコン

不動産鑑定士

企業が所有する不動産を評価することは多くの会社で重要になります。

その他のアイコン

その他

プロとしての的確なアドバイスをするために、「顧客本位」を貫きます。

3つの成功の秘訣

下矢印

(1) 事業を引き継ぎ従業員を守りたい、保証・担保を解除したい、創業者利潤を確保したいと希望はあっても、まずはM&Aができるかどうか、M&Aが一番適した対応方法なのか、何が問題となるのかを知ることが必要になります。
そのためにも、まずは我々と『自分の会社のことを知る』ことから始めましょう。

(2) 俺が倒れたらM&Aをやればいい、誰かが会社を継いでくれるとお考えの方もいるかと思いますが、それを事前に準備して進めることこそ重要なことです。
自分で元気なうちにやれば、現状把握、意思決定、後継者への引継ぎ等スムーズに進みますが、そうでない場合には、引き受けた人が大変な思いをすることが多くあります。

(3) まずは我々に相談をし、『自分や会社のこと』を知ってください。
会社のこと、自分のこと、家族のことなど、会社や自分を取り巻くことや、ご自身の希望をお話しいただき我々が会社の実態を分析し、どうすべきかを提案します。それも無料で、できるだけ手間をかけずに。M&Aを成約された多くの方が、まず『自分の会社のことを知る』ことからスタートして良かったと思っていただいています。

(1) 会社の株式を譲渡したからと言って、すべてを奪われるのではありません。
会社も、あなた自身も、後継者も次のステップへ進むだけです。
今までできなかったこと(趣味、家族孝行、新しい事業など)に取り組むためにも良い機会と言えます。

(2) 客観的に自分の会社を見ると、自分の会社の良さが見えてくることがよくあります。
また株価算定をすると、自分が今までやってきたことがこんなに価値があったのか、こんなに評価をされていたのかと驚くことが多くあります。
また今まで気づかなかった会社の問題点が見えてくることもあります。
どちらのケースでもM&Aをやって、あるいはやろうとしてみてよかったのだと思います。
『明るく、客観的に会社を見る』、ぜひやってみてください。

(1) 事業承継の相談を受けた際に、『思い切って相談して良かった』とよく言っていただきます。また相談するまでに結構悩んで、相談をしたら2時間くらいずっと話をされる方もいらっしゃいます。
自分自身でいろいろと考えていても良い解決方法が浮かんでくるとは限りません。
第三者に話すことで、自然とやるべきことが見えてきたり、客観的に自分の会社が判断できることも良くあります。

(2) 信頼できる第三者に相談をすることにより、これからやるべきこと、動くべきことが見えてくることが良くあります。相談する方が見つからない場合や、きちんと調査や分析をしてほしいというご希望があればぜひ我々にご相談ください。相談するための準備は不要です。
まずは話を聞かせていただき、必要な資料等はその後からで結構です。

ぜひ、フィンテックM&Aソリューションに相談してください

お気軽にご相談ください。

10:00〜17:00 土日祝を除く